会社法の改正による会社の種類について

バナー

会社法の改正による会社の種類について

誰もが会社に就職しますし、中には自分で会社を興そうと考える方も中にはいます。

そういった方が、勝手に自分の考えで会社を作ることは、やはりできずに、法律で会社の仕組みなどを定められています。

これを会社法といいます。もともと日本では、会社に関する法律が多く存在していましたが、2005年にこれらの法律を統合・整理して、現行の会社法が作られました。
さて、会社というものは、この会社法という法律で、4つに分類されます。

それは、株式会社、合資会社、合名会社そして、目新しい合同会社です。

こちらの過払いの金情報をご紹介いたします。

なお、昔によく聞くことがあった、有限会社は、現在の会社法では作ることができませんが、以前から有限会社の形態をとっていた企業は、現在もその組織を維持し、名称を使えることになります。

さて、4つの分類について、簡単にまとめます。

株式会社は、株式と呼ばれる社員権を有する有限責任の社員、これらを株主といいますが、こういった株主からの出資による会社になります。
この株式による、出資に対して、会社は配当という利益を分配する形になります。



このように広く出資を募ることもできるため、会社法以外の法律にもいろいろ規定がされているのが特徴です。
次に合資会社ですが、これは会社の債権者に対して、直接直接責任を負う社員で構成されている企業になります。
これは株式会社の間接責任とは違う点です。合名会社ですが、無限責任を負う社員のみで構成されている会社になります。


そして、最後の合同会社ですが、これは2005年の会社法海底から設置が許された会社の形態で、社員全部が有限責任を負うのです。これは以前に存在した有限会社に代わるものになります。

特に会社の経営と所有が一体化することにより、迅速な意思決定が図れるメリットがあるために、IT企業を中心に合同会社に移行する企業が増えてきています。



詳細は会社法をご確認いただくことになりますが、会社をつくったり、経営するうえで、会社法をはじめとする各種法律を遵守する必要があるのです。



Copyright (C) 2014 会社法の改正による会社の種類について All Rights Reserved.